個人再生を考える時のポイント

MENU

個人再生を考える時のポイント

個人再生は、裁判所を通じて借金減額を行う債務整理です。個人再生によって減額された債務は3年?5年で返済する必要がありますが、自己破産と違い住宅や車を手放す必要がないというのがメリットでしょう。手続き開始後には債権者からの強制執行ができなくなるといったこともメリットと言えますが、債務が無くなるわけではなく、残った債務は短期間で返済することが求められることになりますから、まだまだ厳しい状況は続くということは覚悟する必要があります。

 

とはいえ、債務が減額されるということは個人再生を考える人に取っては大きな魅力といっていいでしょうから、この額がどれぐらいになるのかという事で検討するのも一つの考え方です。ただ、債務を作った理由も問われますから、ギャンブルなどで作った債務の場合はこれが適用されることはありません。当たり前と言えば当たり前ですが、遊興費で作ったような債務も同様です。

 

この個人再生というのはあくまで、どうしても仕方がないという理由の場合に適用される措置であって、借金を減額させてくれるものではないという認識は必要です。借りた金は返すというのは資本主義経済では大前提となるものですから、それを覆して借りたものを減額して返済するなどということはまず認められるようなものではないという事は知っておく必要があります。

 

あくまでどうしようもない場合に適用される例外的なものだということを考えておく必要があります。最近ではさまざまな債務整理について、いとも簡単に出来るかのように言われることが多くなっていますが、債務整理には弁護士費用もかかれば裁判所の決定を待たなければならないという事もありますから、そんなに簡単なものではないことは知っておくべきです。