個人再生の特徴と注意点

MENU

個人再生の特徴と注意点

借金問題の悩みを抱えている人も世の中には沢山いますが、家族や友人にも相談できずに一人でこっそり悩んでいるケースが多いです。一人で悩んでいても何も解決しないので、早めに法律の専門家に相談するといいでしょう。法律の専門家に借金の相談をすると債務整理を勧められることが多いです。

 

債務整理というと何だかネガティブなイメージを持つ人も多いですが、債務整理をすることで借金を見直し無理のない生活を送ることができます。債務整理の種類もいろいろあるので、弁護士などに相談して自分のニーズにあった債務整理の方法を選ぶことが大事です。

 

個人再生は裁判所に申し立てをする必要がありますが、自己破産みたいに全ての借金を無くすわけではないので気をつけてください。個人再生は借金を大幅に減らしてもらい長期間分割で払う方法ですが、減額幅は任意整理よりも多いです。

 

個人再生の返済は3年で支払う決まりですが、特別な事情がある場合は5年までの支払うことができます。家族への影響が気になるという人もいますが、家族が保証人になっていない限り影響はなく、家族がローンを組むことになっても影響はありません、

 

個人再生の手続きとしては、最初に債権者に受任通知や債権調査の依頼を送り債権者の取り立てを止めさせ、必要な書類を揃え、その書類を元に申立書を司法書士が作成し管轄の地方裁判所に提出します。個人再生の申立から2〜3か月間は家計収支表をつけ、通帳に一定額の金額を積立てもらいます。

 

再生計画表と家計収支表、通帳の写しを裁判所に提出し、再生計画案の認可決定が認可され確定されると個人再生の手続きは完了です。収入が安定しない人や過去7年間に自己破産で免責を受けている人などは、個人再生が認められないこともあるので気をつけてください。