個人再生の特徴とメリット

MENU

個人再生の特徴とメリット

個人再生は債務整理のうちの一種であり、裁判所に介入してもらって借金を減らすための手続きを行う制度です。具体的には裁判所に再生計画を提出するのですが、他の債務整理である任意整理と自己破産の中間のような位置になっています。

 

個人再生の最大のメリットは、借金を大幅に減額することができますので支払いの負担がかなり小さくなるという点です。全ての借金を無くすための手続きではありませんので行ったからといって借金のない状態にすることはできませんが、元本を大幅に減らして分割で支払うことになりますので生活はかなり楽になります。実際の手続きでは、裁判所が選任した再生委員が債務者と債権者から意見を聞いて再生計画を立て、その計画が認可されれば債務を5分の1程度に減らすことが可能です。減額後は原則として3年間をかけて返済していくことになり、完済すれば法律上返済義務が免除されます。

 

また、個人再生ならどのような理由で借金をしたのかが問われないという点もメリットです。自己破産の手続きをする際には免責不許可事由というものが存在して、それに該当すると申し立てを行っても債務の整理をすることができません。それに対し、個人再生ならいかなる理由であっても手続きを行うことができます。

 

職業の制限がないという点も注目すべきポイントであり、自己破産をする場合には手続き開始から免責事由の決定まで特定の職業に就くことができない、資格を取得することができないという制限が設けられています。

 

持ち家のある人にとっては、マイホームを手放さなくて済むという点も重要です。他の手続きをすると整理をする項目としてマイホームも含まれてしまいますので手放さなければなりません。